2017年02月01日

カルシウム等比較①牛乳とミライスターメリット&デメリット




a1180_006353.jpg


昔からカルシウムをいえば、
牛乳というイメージが
強いのではないでしょうか。


今回はミライスター(粉末カルシウム)と、
牛乳とを比較して
みようと思います。


子供にとって効率的な
補給方はどちらでしょうか。


一般的には、
700ml~750mlと
言われています。


これは小中学生の子供達が
スクスク成長に必要になる
カルシウムの量です。

ちなみに、1日でこれだけ
必要なのです。



牛乳は小魚などと比べると
噛む手間もいらず、
流し込めるので、
多くカルシウムが
摂れそうですが、


実際は、1000ml入りの
牛乳パックを2~3本程
飲まないと750mlの
カルシウム量には
達しないのです。



これは、牛乳嫌いの子供には
なかなか厳しく、
飲める子でも、
お腹に優しいとはいえませんね。



lp01.jpg


一方、ミライスターは
一緒についてくる
計量スプーン一杯分で、
336mlのカルシウム量に
なります。


あれ?750mlじゃないの?と
思うかもですが、
これには理由があります。


食生活とのバランスを
考えて入るため、
食事からのカルシウムと
合わせて750ml摂れる
ように作られているのです。



また、
牛乳やココア等に混ぜるだけの為、
子供だけでも作ることが
できる辺りをみると、


効率が良いと
感じます。



小中学生は給食に牛乳が
ついていますが、
正直、あの量では
不足といえます。


なので、他の食品も食べて、
1日に必要な750mlを
補うわけですが、

毎日、そんなにスムーズに
摂れないのではと
思います。


保護者の方も、
毎日、カルシウムの量を
計算して献立を考えると
なると、疲れてしまいますね・・・。


こういった場合には、
ミライスターを上手に
活用することで、


無理なく1日に
必要なカルシウムを
欠かさず、摂ることが
できるといえます。






posted by ミライスタージュニア at 21:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください